バーチャルYouTuberは何故ここまで流行したのか

バーチャルYouTuber追っかけてる人ならわかってくれると思うんですけど、まあ毎日話題が尽きないっすね。バーチャルYouTuber

数百人規模の群像劇としてみると本当に面白いと思います。

 

流行のきっかけは12月頃にねこますさんと輝夜月ちゃんがバズって、その中でミライアカリちゃんやシロちゃんにフォーカスが向けられ、みゅみゅ、さはな、もちひよこといった個人VTuberが話題になったという感じだったんですけど、それらの経緯はおそらくどこかで語られているので今回は深くは触れません。

 

ただ、流行のきっかけとしてどうしても語らざるを得ないのはニコニコ動画で話題になった『バーチャルYouTuberよくばりセット』ですね。

これが一時期、ニコニコ動画内のランキングを独占し、YouTubeに転載されTwitterで拡散されていったというのが流行を作った原因として非常に大きかったかなと。

 

もともとこのブームが来る前からバーチャルYouTuberニコニコ動画との親和性に言及してる人は見かけてたんですよ。しかし、その頃は『キズナアイニコニコ動画的な要素はTwitterYouTubeのコメントによって完結してる』なんて言われていました。当時のニコニコ動画にオワオワリな雰囲気が漂っていたのもありますね。

 

なんでニコニコ動画がここまで利用者が減ったのかって話を始めちゃうと長くなるんで別の機会にせざるをえないんですけど、マンネリ化していた理由の一つに淫夢動画の流行があります。別にこれは言うまでもないことですね。僕自身はあれはそこまで嫌いではなかったのでいいんですけど、淫夢動画ってやつはあまりにもニコニコ動画と相性がよかったんですよね。

 

空耳モノや音MAD、検証動画にフラッシュ的な一口ネタ動画だったり。

けものフレンズのように爆発的な人気を得たアニメが生まれても、結局ランキング上位に残るのは淫夢動画。しかしここに空前のVTuberブームがやってきたわけですよ。

過去最長期間で用いられた例のアレのタグの内容を更新したことでさらに興味を持つ人が増えていき今に至ると。

 

要はVTuberも音MADやらなんやら作るのに非常に相性が良かったということっすね。

ダンス〇〇ダンスも大量に作成されているし、公式がMMDを配ってくれるという要素も大きいし。

 

生主的な要素とアニメ的な要素が混在するこのコンテンツはやはりニコニコ動画特有のコメント機能と相性が良くて。

 

VTuberの生放送においてもチャットを画面横に表示させるのは一般的になりつつあるし、みゅみゅやねこますさんのニコ生ではVR空間上にコメントを出現させているし、ニーツちゃんはYouTubeのチャットをそのまま画面に横切らせるというニコニコの機能わそのまま再現したものを取り入れていたりと、VTuber自身もニコニコ動画的な要素との相性の良さはよくわかっているのだろうなと。

昨日のYouTubeだと雨下カイトというバーチャルYouTuberが360°VR 生放送の中でチャットをVR空間上に横切らせるということをやっていました。

 

ニコニコ動画復権の兆しをほんのわずかとはいえ見せつつあるし、VTuberも増え続けていくだろうし。FC2で生放送するバーチャルYouTuberも現れたし。

これから彼らとニコニコ動画がどう関わっていくのか楽しみです。

 

月ノ美兎ちゃんが自身の動画を転載されていたことに対して「投稿する手間が省けた」とか言ってたのめっちゃロックでしたが。

とりあえず、3月11日予定のけもみみおーこく国営公式生放送第2弾が楽しみでしょうがない。

 

 

ニコニコと相性が良いだけならこんなに数は増えなかったはずで、やはり個人でもVTuberになれるということを示したねこますさん、技術を持っていないまま先陣を切っていったさはな君、ウカ様、(世界クルミは違うか…?)モデリングを身近なものにした もちひよこちゃんの功績はかなり大きかったと思いますね。

 

 

いまバーチャルYouTuberって400人くらいいるらしいんですけど、正直言ってそのほとんどの人の動画がめちゃくちゃ面白いです。

外見は爆乳やらケモミミやら獣人やらゾンビやら単眼やらとこれでもかというほどフェチズムで殴ってくる上に中身のキャラクターが薄くない。

 

ライトノベルの衰退とかでよく語られることなんですけど、ライトノベル黎明期における『ツンデレ』ってやつは主人公に素直になれない不器用な非常に人間味のある、読者が共感しやすいキャラクター全般を指していたんですけど、今は多くの場合で「〇〇じゃないんだからねっ。勘違いしないでよねっ」的なことをいうヒロインを指す言葉なっていて。

 

もちろん、そうじゃないこともあるし、クラスメイトだ幼馴染だ貧乳だポニーテールだとか他の属性との組み合わせは無限にあるのかもしれないけれど、人格・個性が属性化してしまっている時点でやや面白味には欠けてしまうんですよね。

 

でもVTuberは生身の人間がやってるわけで、母親がゲームしてる感がぬぐえないキズナアイちゃんのゲーム実況とかサイコパス演じてる風の中で素のヤバい人が出てきてしまうシロちゃんとか元気いっぱいなキャラクターなのにたまにめちゃくちゃ上品な笑い方が漏れる輝夜月ちゃんとか。

 

それこそ書きだしていったら永遠に書けるんですけど、これこそがVTuberが流行した一番の要素かなと。AIや電脳少女やロボを自称していても溢れてくる人間味こそが今までのコンテンツになかった魅力であり、バーチャルYouTuberにおける最大の魅力であるのかなという感じです。

 

 

個人的には万楽えねちゃんとのコラボ中、一人称が『俺』になったオッドアイちゃんが今のところ最高です。

 

 

これからどうなっていくんだろう。

バーチャルYouTuberブームはまだまだ始まったばかりですよ。